内装工事の仕事なら
女性も活躍できる!
作業イメージ

家に関わる仕事と
離職者ゼロが入社の決め手に

夏月堂を選んだのは、内装の仕事が楽しそうだと思ったからです。家が好きで、「大改造!!劇的ビフォーアフター」みたいな番組を見るのも好きだったので、いいなと思ったんです。内装は、建築の最終的な仕上げをする仕事で、しかももっとも人の目に触れる部分に関わる仕事。そして、住む人がずっと見るもの。そいうところに惹かれましたね。普通に生活していたら他人の家はもちろん、飲食店や事務所の施工途中や工程を見る機会は滅多にないことなので、面白そうだと思ったんです。
もう一つ、夏月堂を受けようと思った理由は、離職者がゼロだったこと。入社した人も少なかったんですが、それでも退社した人がゼロだということは、良い職場なんじゃないかと。これは重要なポイントだと思いましたね。

実績イメージ

現場で職人さんから
声をかけられるのが嬉しい

営業職で入社しましたが、今は工事部に所属して業務内容や仕事の流れを覚えてるところです。分譲住宅を中心に、職人さんに指示書を渡して説明したり、材料の発注や補修の手配、現場の終了確認などを担当。現場へ行くのは好きですね。人の家が出来上がっていくのを見るのは楽しいし、現場で職人さんから声をかけてもらえることが嬉しくて。「髪の毛切ったね」とか「最近は1人で来るんだね」とか、何気ない言葉ですが、今、一番嬉しいのはこれですね。
仕事をしていて良かったと感じるのは、現場から何の連絡もなく無事に終わった時。職人さんに指示書の説明をして、現場が完了するまで連絡がない時は、材料の追加発注とか、特に何も問題がなかったということなので、そういう時には発注や段取りがうまくできたと達成感を感じますね。

デスクワーク

居心地が良くて、
悪いと思うところがない会社

高校が工業高校の建設科で男性ばかりの環境でしたから、男性が多い職場というのは個人的には気になりませんでしたね。むしろ、女性と話す時のほうが緊張するので(笑)、今の環境はラクなくらい。どちらかと言えば人と話すのが苦手なんですが、夏月堂の社員は気さくで話やすい人ばかり。それも居心地が良い理由なのだと思います。他の会社を知らないので比較はできませんが、私は働きやすい環境だと思っています。
人に聞かれて改めて気づいたんですが、私は夏月堂に入社して、ここは良くないなと思ったことがないんです。友人と話をすると、自分の会社のここがダメという話をよく聞きますが、私は夏月堂で悪いとか嫌だと思ったことがない。それも仕事を続けられている理由の一つだと思います。

笑顔

今後の目標は、
とにかく知識を身に付けること

今はいろいろな業種で女性が活躍していますが、この業界にも夏月堂にも、女性がもっと増えるといいですね。特に内装は女性のほうがいい場合も多いです。例えばリフォームの際、家に居るのは女性が多いので、女性の職人さんや担当者が行くと安心感がありますよね。仕事としても女性のほうが細かいことに気が付くし、仕上がりも丁寧だったりする。内装業は、他の職業に比べて重いものを持つことが少ないので、女性に向いていると思います。
今後の目標は、とにかく知識を身に付けること。一番の目標です。まだまだ分からないことが多いので、まずは自社でできる工事とそうでないものの判別が出来るようになりたい。それが分からないと打ち合わせもできないので、ここ1~2年でしっかりと身に付けたいと思っています。

メッセージ

建築業界はまだまだ男性中心の業界ですが、決して女性が居ずらい場所、働きにくい場所ではありません。夏月堂なら女性でも頑張り次第で活躍できると思うので、ぜひ一緒に働きましょう!